SPRINTARS logo RIAM logo CCSR logo
NIES logo
home logoforecast1 logoforecast2 logoarchive logo english logo

大気汚染微粒子および黄砂の飛来予測はこちら

SPRINTARS (Spectral Radiation-Transport Model for Aerosol Species) は,大気浮遊粒子状物質(エアロゾル)による気候システムへの影響及び大気汚染の状況を地球規模でシミュレートするために開発された数値モデルです。
forecast1 logo 一般向けの大気微粒子(エアロゾル)週間予測です。毎日午前6時頃に更新されます。
forecast2 logo 専門向けの大気微粒子(エアロゾル)週間予測です。毎日午前6時頃に更新されます。
archive logo 1980年以降のシミュレーション結果のデータベースです。該当月のデータは3ヶ月後に更新されます。
SPRINTARS は東京大学大気海洋研究所(気候システム研究系)国立環境研究所海洋研究開発機構(地球環境変動領域)が開発している大気海洋結合モデルMIROCをベースとしており、対流圏に存在する自然起源・人為起源の主要エアロゾルを取り扱います(黒色炭素・有機物・硫酸塩・土壌粒子・海塩粒子)。これらは、いわゆるSPM, PM10, PM2.5としても分類されます。SPRINTARSでは、エアロゾルの輸送過程が計算されます(発生・移流・拡散・湿性沈着・乾性沈着・重力落下)。また、エアロゾル直接効果(エアロゾルによる太陽・赤外放射の散乱・吸収)およびエアロゾル間接効果(エアロゾルの雲に対する凝結核・氷晶核の機能)も計算に含まれます。SPRINTARSは、気候変動に関する政府間パネル (IPCC) 第4次評価報告書 (AR4) のエアロゾルによる気候への影響評価において、アジアから唯一採用された国際的に認められたエアロゾルモデルです。
現在のモデルの仕様
  • SPRINTARS version 3.84
  • 水平分解能: T213(経度 0.5625度 x 緯度 約0.5625度)/ T106(経度 1.125度 x 緯度 約1.125度)/ T42(経度 2.8125度 x 緯度 約2.8125度)
  • 鉛直分解能: 56層 / 20層(sigma座標)
参考文献
  • Takemura, T., H. Okamoto, Y. Maruyama, A. Numaguti, A. Higurashi, and T. Nakajima, 2000: Global three-dimensional simulation of aerosol optical thickness distribution of various origins. Journal of Geophysical Research, 105, 17853-17873. [要旨]
  • Takemura, T. , T. Nakajima, O. Dubovik, B. N. Holben, and S. Kinne, 2002: Single-scattering albedo and radiative forcing of various aerosol species with a global three-dimensional model. Journal of Climate , 15, 333-352. [要旨]
  • Takemura, T., T. Nozawa, S. Emori, T. Y. Nakajima, and T. Nakajima, 2005: Simulation of climate response to aerosol direct and indirect effects with aerosol transport-radiation model. Journal of Geophysical Research, 110, D02202, doi:10.1029/2004JD005029. [要旨]
  • Takemura, T., M. Egashira, K. Matsuzawa, H. Ichijo, R. O'ishi, and A. Abe-Ouchi, 2009: A simulation of the global distribution and radiative forcing of soil dust aerosols at the Last Glacial Maximum. Atmospheric Chemistry and Physics, 9, 3061-3073. [要旨]
協力
  • SPRINTARS開発関係者
  • MIROC開発関係者
  • 須藤健悟博士(名古屋大学大学院環境学研究科): CHASERデータ
  • Dr. T. Diehl (NASA Goddard Space Flight Center): エアロゾル排出量データ
  • NASA/University of Maryland: MODIS Fire Information for Resource Management System (FIRMS)
  • Emission inventory for Hemispheric Transport of Air Pollution (HTAP) v2
  • NOAA CIRES Climate Diagnostics Center: NCEP/NCAR再解析データ
  • NOAA NCEP: GFS予報データ
  • Hadley Centre, UK Met Office: HadISSTデータ
  • 国立環境研究所地球環境研究センター: スーパーコンピュータ NEC SX
  • 九州大学応用力学研究所

竹村 俊彦(九州大学応用力学研究所)